最後1つを完全に行って開通した話

今週の御言葉は

『完全に行いなさい』

という御言葉でした。

完全というと

おおぅ…か完全(*_*)

と負担に感じる方も

いるかもしれませんが

御言葉でおっしゃっていたのは

今までよく作ってきた。

でもまだ残り1つ2つ完全でないものが

残っているから、そこを完全に作ろう

というニュアンスでした。

家を建てるならば

残りの部分を作って完工しよう、

未完成のものを完成しよう

そんな感じでしょうか。

日曜に御言葉を聞いて

あとは1週間、職場や学校

各自の位置で生活していくのですが

不思議なことに、

これほんと御言葉通りやなー

な出来事がしばしば起こります( ・∀・)

摂理の社会人tanpopoさんは

インフラエンジニアの仕事してますが

新しいサーバーを構築してました。

1ヶ月くらい前からキックオフ

まずは入念に設計し

必要な機材、サーバーを手配

そしてネットワーク配線を手配

OSインストールやら他の設定やら

時間かけていろいろ作ってきました。

サーバー自体は完成した。

あとはネットワークさえ繋げば

開通する

というところまで到達しました。

で繋ぎに行きました。

緊張の瞬間

接続する

繋がらん!

/(^o^)\

想定外

調べた結果

部品の相性が問題ぽかった

部品手配となると、時間かかる

与えられた期間も限られている

こりゃまいったな

ここまでやってきたけれども

まさかのやり直し?

タイムリミットを考えると

想定外のトラブルを前に

心配が押し寄せてくる( ゚ε゚;)

『あと1つ』が目の前に立ちはだかる

今までトンネルほってきたのに

最後の数メートルを前に立ち往生

神様どうしましょう、

時間も多くは残っていません…

ネットワークの問題

最後1つをクリアすれば

完成、開通ができるのだが。

うーむ、ん?

これ今週の御言葉やん?!

この御言葉が伝えられた週にこの状況

うん、

御言葉と流れがぴったりだ。

…てことは、てことは?!

これは

打開策あるよっ!ていう

メッセージなのではっ?

ふいにそんな気がしてきて

何か…やれる気がしてきたぁああ(*゚∀゚)!

やってみよう~

チーム内で情報連携して

聞いて手を尽くしたら

なんとなんと!その日に!

奇跡的に部品ゲットできたぁぁあああ!!

連絡とった方より

予備の部品?

俺持ってるからこれ使いな!

(こんな言い方ではない(笑))

な勢いで、予備の部品が

即日!与えられたっ(爆)

なんじゃこりゃあ

これは行ける!絶対行けるぞっ!

確信に至り、みなぎる自信

部品を取り付けるに至るまでも

いろいろ困難にぶつかりましたが(´つω・。)

すべて乗り越えて

ついにリトライ

どうかだろうか

…開通ぅぅうううう!!

繋がったあぁぁあ!!

いやまじ感謝!

開通した瞬間、涙でた( ;∀;)

よくあなたに言っておく。最後の一コドラントを支払ってしまうまでは、決してそこから出てくることはできない。


マタイによる福音書 5:26

聖書に最後の1コドラントの例えがありますが

ITの世界もまさにこれ。

99%までできても、

最後1%が欠けてるとうまく動かない。

最後の1%までやって100%

システムが完成します

今回も最後1つ残ってたもの

その1%を解決した時、

100%になり、完成しました。

これまでの99%の努力が

実を結ぶようになりました。

完成したらあとは使って

恩恵を享受するばかりです

あぁ御言葉で言ってたことって

こういうことなんだな~

御言葉を改めて理解。

足りないけど御言葉を聞いて行って

自分を作ってきた日々

今まで作ってきたから

最後の1つ2つを作って、完成しよう

道を作る中

草や木や土が前を塞ぐように

自分の前に立ちはだかる問題や

自分の矛盾の数々が見えてくる。

自分の矛盾に向き合うのは簡単でない。

でも自分の矛盾に向き合って

自分を完全につくるならば。

そこはまるで別世界だろうな。

仕事の現場、生活の現場で共にしてくださった神様に感謝です~

この記事を書いた人
tanpopo

摂理という宗教に生きる女性社会人tanpopoです(^^)
◆職種: SE(インフラ系)
第一印象はスポーツ女子に見られる笑
いわゆる女性らしいおシャレはちょっと苦手…素朴さが私の個性だと思って磨いていきます笑!

◆好きなもの
・写真 :花、自然、景色(スマホ、ミラーレス)
・料理 : かぼちゃ料理
・スポーツ : ランニング、サッカー
・動物 : 柴犬!あとは、もふもふ

社会人生活
シェアする
摂理で再発見!〜摂理という宗教に生きる女性社会人tanpopoの日常生活〜

コメント