環境の天国

日常生活

今日は12/13

約1ヶ月ぶりに事務処理のため出社してきました。

定時を過ぎて会社を出ると外はもう真っ暗でした。

最寄り駅について家に帰るまでの道のりですが…

めっちゃ寒い!!!!

ガチで寒い!!!!

風が冷たい冷たい冷たい。

それも、強風。

カサカサ言う枯れ葉の音が心なしか寒さを増幅しているよーな…

とにかく寒い

なぜにマフラーをしてこなかった、あたい

寒さにぶるぶる震えながら、ようやく家に到着。

ドアを空け中に入ると、

そこはもう…天国

|ヽ´ω`)

だって

家に入った途端、部屋の温もりが肌に感じられる。

外壁が外気を遮断してくれるので冷たい風にさらされることもなく、心も体も楽に過ごし、寝て、休むことができる。

まさに環境の天国。

毎日毎日過ごしているいつものお家ですが、厳しい冬の寒さを味わうことを通じてそのありがたみを改めて痛感しました。

当たり前のようだけれど当たり前ではない、大切なことに気づかせていただきました。

この記事を書いた人
たんぽぽ

摂理という宗教に生きる女性社会人です(^^)
◆職種: SE(インフラ系)
第一印象はスポーツ女子に見られる笑
いわゆる女性らしいおシャレはちょっと苦手…素朴さが私の個性だと思って磨いていきます笑!

◆好きなもの
・写真 :花、自然、景色(スマホ、ミラーレス)
・料理 : かぼちゃ料理
・スポーツ : ランニング、サッカー
・動物 : 柴犬!あとは、もふもふ

日常生活
シェアする
キリスト教福音宣教会 摂理で再発見!

コメント