主と共に忍耐と祝福

日常生活

今週は『主と共に忍耐と祝福』という御言葉で、主と共に最後まで忍耐して行ったときに神様が祝福を与えてくださるという内容でした。

んで

この前ちょっと久しぶりにカップ焼きそばいただきましたm(__)m

お湯沸かす。

熱湯を入れて3分

待てない(笑)

我慢できない(笑)

この気持ちを何に例えようか

まるで

待て!に聞き従うけど内心待ちききれずそわそわするわんこのようでした(笑)そういう図としましょう

3分忍耐するのも難しい(笑)

でも忍耐したら美味しい麺に出会えます。

忍耐したら祝福が待っていますね(笑)

冗談はさておき

艱難を経てこそ、最後まで忍耐してこそ得られる祝福、得たことがたくさんあると感じました。

全ての事には過程、プロセスがあります

ダイヤモンドも加工する過程を経てこそダイヤモンドとして輝くようになるし、金も溶鉱炉に入れて練達するプロセスを経て最後に純金となって出てくるようになります。

物質に限らず私たち人間もやはりそうです。

忍耐してこそ、過程を経て鍛練してこそ純金のように、より価値ある人になって出てきます。

初めてのことに挑戦するのは勇気がいるし、困難にみまわれたり、過程の真っ只中にいたその時は大変だったけど、全て経て今見たらあの時やってよかったなと思うことがあったし、これから先どうなるかが見えない中でも神様を信じる信仰ひとつは最後まで守り続けて今日を迎えるようになったわけですが、当時は想像もつかなったような良い現実を今、たくさんみるようになりました。

主と共に忍耐と祝福

その御言葉通り、過程を経て最後まで忍耐したからこそ、今得たものがたくさんあります。

聖書で『忍耐』といえばヨブですが、ヨブだけでなく、ヤコブ、ヨセフ、ダビデ、聖書の他の登場人物たちも忍耐をしてきました。

命を狙われたり無実の罪で投獄されたり、波乱万丈な人生を生きてきてます。神様を信じる中で多くの困難に直面したけれど、その中でも神様を信じて忍耐し、最後まで忠誠を尽くした末に、今まで受けてきた困難とは全く比較にならないほどの大きな祝福を受けるようになりました。

忍耐の上に祝福を与えてくださる神様です。

私自身をふりかえっても、過去は過去で乗り越えてきたし、今は今で、またこれから先も、生きてる限りは乗り越えていかないといけないこと、忍耐すべき事がまたやってくると思います。

その度にこの御言葉を思い出しながら過ごしていきたいと思います!

この記事を書いた人
たんぽぽ

摂理という宗教に生きる女性社会人です(^^)
◆職種: SE(インフラ系)
第一印象はスポーツ女子に見られる笑
いわゆる女性らしいおシャレはちょっと苦手…素朴さが私の個性だと思って磨いていきます笑!

◆好きなもの
・写真 :花、自然、景色(スマホ、ミラーレス)
・料理 : かぼちゃ料理
・スポーツ : ランニング、サッカー
・動物 : 柴犬!あとは、もふもふ

日常生活
シェアする
摂理で再発見!〜摂理という宗教に生きる女性社会人tanpopoの日常生活〜

コメント