二色丼から始まる宇宙の話

今日の夕飯は、二色丼(*´ω`*

そぼろを炒めるのと、卵をスクランブル風にすればあっという間に完成♪

でもこれ何かに似ている。何かを彷彿させる。

そう、それは…

最近話題の『習志野隕石』に似てるw

7/2の夜中2時頃、関東の夜空で轟音と共に観測されたと話題になったあの隕石。狙った訳じゃないけど似てるw

隕石といえば宇宙。

宇宙といえば、最近ははやぶさ2など、宇宙の話題が活発ですね。

はやぶさ2を小惑星に派遣した目的には諸説あるようですが、1つは生命の起源を探るためにあるのだとか。

何もなかったところから宇宙が生まれ、太陽系が生まれ、地球が生まれ、生命が生まれ、その上に人間が生まれてきたのだから、逆に遡っていけば起源、始まりに至るという話になりますね。そこには何があったのか。

また、宇宙の広さですが。地球から観測可能な領域でも半径約400億光年の世界。地球から観測できない領域まで含めると宇宙は実際もーっと広いと言われていますが、宇宙の始まりにはどんな意味があり、人間の肉体では一生かけても行き着くことのできない宇宙の果てには何があるのか。

ここまでくるともはや創った存在でない限り知り得ない領域かもしれない。

宇宙1つを通しても様々なことを考えさせられて、ロマンを感じます(*´ω`*)ワクワク

ご飯の話からここまで来ました笑

この記事を書いた人
tanpopo

摂理という宗教に生きる女性社会人tanpopoです(^^)
◆職種: SE(インフラ系)
第一印象はスポーツ女子に見られる笑
いわゆる女性らしいおシャレはちょっと苦手…素朴さが私の個性だと思って磨いていきます笑!

◆好きなもの
・写真 :花、自然、景色(スマホ、ミラーレス)
・料理 : かぼちゃ料理
・スポーツ : ランニング、サッカー
・動物 : 柴犬!あとは、もふもふ

料理・グルメ 日常生活
シェアする
摂理で再発見!〜摂理という宗教に生きる女性社会人tanpopoの日常生活〜

コメント